読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~東北ヒッチハイクの旅~ 4日目 前編

大仁田が北海道に帰ってからのLINE

f:id:JapaneseENJI:20170219003523j:plain

何があった大仁田!!!!www

彼の話によると、成田空港へ向かうバスの中で荷物置きにお土産の饅温泉頭を置いたところ中国人に持っていかれたそうです。

しかも「熱海温泉で彼が腰にまいていたタオル付き」。だそうです。

ん~、、、タオル情報は誰得?wwww

とりあえず、大仁田の温泉饅頭とタオルがかえってくることを祈っています。w

 

 

さぁ、4日目!!!ヒッチハイクスタートの日です!!

とりあえず、9時のアラームで起床!!

眠い目をこすりながらも現実を考えると目は自然とさえてきました。

同時にボブも起きました。

顔を洗い、歯を磨き、寝癖を直す間はドキドキがとまりませんでした。

今日はどこまでいけるだろう。いや、ヒッチハイクできなかったらどうしよう。

考えれば考えるほどマイナスにww

とりあえずやってみよう!!そう、自分に言い聞かせましたww

「とりあえずやってみよう」って好きな言葉ですw

前日からボブに

ヒッチハイク捕まらなかった時のために家のカギ、青木に預けとく?」

と言われましたが「いや、大丈夫」と断りました。

保険を掛けるのが逃げ道につながりそうで嫌だったからです。

 

まず、「ヒッチハイクできる!」って思った自分を信じないと。

 

 

 

準備が終わると

ボブ「もういくの?」

僕「うん」

ボブ「気を付けて。札幌で待ってるわ。」

僕「おう!!!!いってきます!」

カラ元気で答えましたww

よし!と心をきめると、、、

不安と希望と10キロ以上あるバックパックを背負いましたw

重い……帰ったら肩だけマッチョになってんじゃないかな。とか思いましたww

 

ボブの家の扉をゆっくりしめると「カチャン」と音が響くと

同時に後ろ見ると雲一つない快晴の空が見えました。

深く深呼吸をし歩きはじめる。

完全に1人になってしまいました。

さぁ旅の始まりです!!!

 

とりあえず、ボブの家を出てすぐの大通りでヒッチハイクをすることに、、、

ボブの家から2分くらいの距離なのにそこから見るボブの家は遠く感じました。

きっと戻ってはいけない、と感じたから遠く感じたんだとおもいます。

勇気をだして昨日書いた「東京方面」と書かれたスケッチブックを掲げる。

この時のぼくの顔は絵に描いたような「困り顔」だったと思いますwww

 

開始15分、1台も止まってくれねぇwww

 

 

響く車のエンジン音と走り抜たあとの風。。。。。

1人の自転車にまたがったおばさんが声を掛けてくれた。

ヒッチハイクしてるの?このあたりは車通り多いけどビュンビュン車行っちゃうと思うよ!橋をこえてからのほうが捕まると思うよ!がんばってね。」

とアドバイスをくれた。

「ありがとうございます!!」とできるだけ笑顔でお礼をしました。

正直…声を掛けてもらえるだけでうれしかったですwww

 

おばさんの話し通り橋をわたっていると今度はプードル2匹連れたおばあちゃんに話掛けられた。

 がんばってねぇとまた激励のお言葉。あったかかった~(心が)www

 

橋を下って信号前!ヒッチハイク再開!

応援の効果もあり僕に笑顔が戻る。今度は1台1台、1人1人に話しかけるようにヒッチハイクをしてみる。

何台かの車に反応される。手でバツ印を作ってくれたり反応がかえってくるだけでとても嬉しかったです。

ボブの家を出て1時間ほど、「おーい!!!」と車から声が聞こえた。

声のほうに視線をうつすと手招きしている女性。

無我夢中で車に向かって走ってみると「三軒茶屋までいくけど乗る??」と言ってくれた。

三軒茶屋」知らないけど乗ります!!!!

てか、乗せてくれるならどこにでも行きます! 

そのくらいの気持ちがありましたwww

「はい!!!お願いします!!!」と言って大きな荷物を車にいれ、乗車。」

改めて「ほんとありがとうございます。」とお礼を言うと

ヒッチハイクしてる人乗せるなんてはじめて!」と助手席にいた声を掛けてくれた女性。

「俺、2回くらい乗せてるよ~」と運転席の男性。

とりあえず一安心な僕。。。。。。

 

車内ではもちろんまずは自己紹介。

そして、僕がどこに向かっているのか、

今向かっている三軒茶屋がどこらへんなのかの説明を丁寧にしてくれた。

2人は若く、最初「カップルなのかなぁ?」 と思っていたのだが

「俺らカツオ(男性)とタラちゃん(女性)の関係なんだ。」と教えてくれた。

すごいわかりやすい説明でしたwww

*以後「カツオさん」と「タラさん」で表記させていただきます

 

道中二人には、最近某芸人がひき逃げした道や三軒茶屋にあるタワーも観光させてもらえた。

しかも、「三軒茶屋ヒッチハイクしてみてつかまらなかったら連絡して!三軒茶屋での用事終わったら千葉の方までつれていくよ!!」と言ってもらえました。

ほんとうにいい人!!!!!

 

もう、神様だなぁ。。。と泣きそうになりながらも連絡先を交換して甘えさせてもらうことに。

f:id:JapaneseENJI:20170219020108j:plain

昨日ボブの家で書いたメッセージ付き白い恋人をあげると

「これ大好きなんだ!まさか今日食べれるとはwありがとう!!」

と喜んでくれた。

いや、むしろ乗せてくれてありがとうございます!!!!

 逆にこれしかなくてごめんなさい。。。。

ほんと、蟹渡したいレベルです!!!!ww

 

2人とは一旦別れ三軒茶屋で再びヒッチハイクをする。

ここでは1台もとめることができませんでした…。。。

場所が悪かったのかなぁ。。。

また三軒茶屋ではチャレンジしたいです!!!(人の目線すごいけどw)

 

用事を終えた、カツオさんとタラさんが連絡をくれて

僕がヒッチハイクをしているところまで迎えに来てくれました。

2人に会えた安心感やばかったです。。。泣

しかも僕のためにと昼食においしいパンを買ってきてくれたのです。

あれほどおいしいパンは、はじめて食べました。。。

なんとなくハクのおにぎりを食べた千の気持ちがわかりましたwww

 

別れ際でも言いましたが、北海道に来た際にはこの倍は恩返しさせてください!!

ほんと感謝してもしきれないとはこのことだなぁと思いました。。。

また車内では楽しいトーク

北海道のこと。東京のこと。いろいろなことを話しているとあっという間に別れるパーキングへ……

ただ、ただ、二人との別れはさみしかったです泣

いや、今後のヒッチハイクで乗せてくれた人みなさん別れはさみしかったです。

だって、乗せてくれる人に悪い人はいませんから。。。

出会いが素敵な分、別れってつらいんですね(´;ω;`)

f:id:JapaneseENJI:20170219023044j:plain

大好きなカツオさんとタラさん

 

長くなったので後編に続きます!!!