読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~東北ヒッチハイクの旅~ 5日目

つい最近、ボブと大仁田と出かけた時の車内にて、、、

僕「いや~旅楽しかったよなぁ!!あの熱海の帰りの海辺のサザンは忘れられねえぜ!」

大仁田「いや~ほんと最高でしたよね!!あの夜のパン食べ放題といいね!」

ボブ「いや~またあのみなとみらいのパスタ屋いきたいね!」

僕「それな!!でもみなとみらにしかないからなぁ~。。。」

大仁田「鎌倉パスタでしたっけ?札幌のイオンに入ってますよ?」

僕・ボブ「え???絶対ない!!!だって名前がもう、鎌倉だもん!!」

大仁田「いやいや、あるってwww いく?」

僕・ボブ「行かん!!!ってかない!!!あれはみなとみらい限定のお店じゃ!!!」

僕とボブの中では鎌倉パスタはみなとみらいにしかありませんwww

ご当地のお店かと思いきや、全国チェーン店でショックだったお話しでしたww

ってか大仁田気づいてたなら言えよなwwなみなとみらいでwwww

 

前置きはさておき、5日目です。

 

「ガァー………ァァーーーー……」

夢の中、かすかに聞こえる人ではない何かの鳴き声。

ゴンッッ!!!

軽くなにかで頭を殴られたかのような感覚があり目が覚めました。

「寒っっっ!!!!!!!」

朝露でテント内が結露していて寒さに気がつきました。

「ガァァァァァァーーーー!ゴオオオォォォォォ!!」

 

テントのすぐ近くで夢の中できこえた声が鮮明に聞こえました。

声や寒さや露やらで、

朝一からすごい情報量wwww

一瞬「夢かな?」と思ったけど頭の痛さと体の寒さで現実だと把握しましたww

そして何やらテントの外から何者かが突いていました……

1匹?2匹?いや、3匹のシルエットが見えました。

「首が長く短足……。と、…鳥や。。。。www」

おそるおそるテントのチャックを開けると視界に入る1羽の鳥www

その距離1メートル。

鳥とはわかってていたものの「うわぁーー!!」と声をあげ体を後ろに引きましたw

その瞬間、鳥はテントの入り口付近にある僕の非常食(カロリーメイト チョコレート味)を奪いました。。。

「ああーーー!!!!返せ!俺のカロリーメイトチョコレート味!!」

鳥相手につい声がでましたwww

闘わなければ・・・やられる(鳥に)wwww

バックパックを力強く握ると覚悟を決めましたww

しかし相手は目視できるだけでも3羽はいた。。。圧倒的な数の差。。。

しかしこっちは人間じゃ!!!と思い、体と握っていたバックパックごと飛び出す。

「キええぇぇぇぇぇーーーーー!!!」

奇声を発しながらバックパックを振り回しましたwwww

これには逃げる3羽の鳥たち。。。。

そして地面に広がっていたカロリーメイト(チョコレート味)のカスwww

鳥たちが飛び立っていったのをみて思わずガッツポーズwww

携帯を見てみると朝の6時半。。。

なんか自分の中にある野生の防衛本能みたいのを感じた朝でしたwww

f:id:JapaneseENJI:20170225022055j:plain

実は水鳥が放し飼いされていた公園。ちゃんと注意書きもありましたwww

 

 

水鳥たちとの死闘が終わると、

忘れていた寒さを感じとりあえずテントをしまい、昨夜に行った温泉へ。

朝6時から営業だったので助かりましたwww

 

とりあえず暖かい空間で小一時間仮眠するつもりだったのですが、

目を覚ますと時刻は午前10時!!!

ヒッチハイクは時間も大切だと思っていたのであわてて支度へ。

朝風呂に入りスケッチブックに「福島方面」と書きました。

よし!! と気合いを入れるとお世話になったお風呂、

近くにあるテントを張った水鳥公園を後にしました。

 

 

歩くこと約30分、

国道沿いのインターチェンジ前でヒッチハイクをすることにしました。

「福島方面」と書かれたスケッチブックを掲げ赤信号でとまっている車に

「乗せてください」と言わんばかりの目線を送る。。。

なかなか止まってもらえず三十分が経ったとき、、、

一台の車が遠くで見えました。

白と赤のあきらかにスーパーカーでした。

例えるなら「ヤッターマン」が乗っているような車でした。

「うわあ!!カッコいいな!!」と思っていたら矢先、

僕の目の前でスーパーカーが停車しましたwww

 

「どこまで行きたいの???」と顔を窓から出す男性。

「いや~福島方面まで行きたいんですよ~」と僕。

「いいよ!!連れていくよ!!」と男性。

「ありがとうございます!!よろしくお願いします!」とお礼を言い、丁寧に乗車w

 

乗せていただいたのはゴルフ場経営者兼社長の石川さん。

ゴルフ場経営者さん、、、どうりでスーパーカーに乗っているわけだと思いましたw

 

出合った日はたまたま休日だったそうです。

石川さんは時間だけを決めて、当てもないドライブをすることが趣味だそうで、

普通ヒッチハイクは、どこかへ行くついでに乗せてもらうのに、

石川さんは僕の目的地のためだけに、連れていっていただきましたwww

なので最初は「福島」と言っていたのですが、宮城県まで連れていってもらうことになりましたww

ほんと、なんて感謝すればよいのか……(´;ω;`)

とりあえず、神様のようなお方ですww

 

そんなマリオがスターをとった時のような気分で乗っていると

 

やっぱり、スーパーカーだけあって速い速いwww

 

石川さん「青木君は、ゼロヨンって知ってる?僕はね、若いときゼロヨンというのをしていたんだよ。」

僕「聞いたことあります!そうなんですか!!あれ何キロくらいではしるんですか?ww」

うちの母ちゃんから聞いたこともあって僕もゼロヨンとはとりあえず直線を車で全速力で駆け抜け、競い合う競技なのだとすごいアバウトにか知っていました。

石川さん「ん~、最速で250キロいかないくらいかな~~!!だからこういう高速道路とかすごいゆっくりで安全運転に感じるんだよね!はっはっはww」

笑っている石川さんの車のスピードメーターは140キロを指していましたww

140キロが安全運転に感じる...

普段40キロくらいしかださないチキンの僕には石川さんは手の届かない存在でしたww

そして車好きの石川さんの車では音楽は一切ありません!!

「風とエンジン音を楽しむんだよ」と優しく教えていただきましたww

ほんとに車が大好きなんだろうな。。。

その他にも会社のこと、社長ならではのお話を聞かせていただきました。

社員のことなどを聞いていると、とても寛大な心の持ち主だと感じました。

 

 

途中、サービスエリアで石川さんにお昼をごちそうになりついたのは午後3時ころ!

福島をすっとばして一気に宮城県へやってきました!!

f:id:JapaneseENJI:20170226005915j:plain

オーラからしてかっこいい社長「石川」さんとカシャリ!

 

この写真をとってもらった方に石川さんが

「彼、青木君は旅をしているんですよ。すごいんです。」

と紹介してもらい「そうなんですか!すこし話きかせてください!」とカメラをしてくれた男性。

出会いが出会いを呼び素敵に感じました。。。

 

 

石川さんとカメラの男性と別れると少し歩くことに。

日も暮れてきたので野宿スポットを探していると、以前ボブと車中泊をしたことのあるところを発見!!

そこにテントを張り、今夜はそこで寝ることに。。。

 

 

6日目!!!懐かしの宮城県をチャリで移動!!