~西日本ヒッチハイクの旅~ 其の弐

突然ですが……僕の指で数えられる友達の中にコナンというやつがいます。

僕とボブとコナンは高校の時から青春をともに過ごしてきて今でもしょっちゅう遊ぶ仲です。

そんなある日、いつものように僕、コナン、ボブの3人で遊んでいるとある話題に。

僕「そいやさあ、お前ら2人で遊ぶときってどんな話してるの??」

ボブ・コナン「うーん、あんまり二人で遊ぶってことはないんだけどなぁ~、あそんだときは、、、

 

青木の悪口かな( *´艸`)wwwwwwwwwww」

僕「お、、、お前ら(号泣)www」

コナン「青木とボブ、2人の時は??」

僕・ボブ「俺らはけっこう2人でも遊ぶからなぁ・・・・。

でも大半は、コナンの悪口だな( *´艸`)wwwwwwwwwwwwww」

コナン「おいこらwwwお前らwww」

ボブ「じゃ、じゃあ、僕いないときっ………」

僕・コナン「ボブの悪口( *´艸`)wwwwwwwwwwwwww」

僕ら3人は下衆の集まりでした(号泣)

類は友を呼ぶって言うもんねwww

良い意味で呼んでいきたい青木です。 

 

 

 

さて、小久保さん、トヨタさんご一家のおかげで高速道路へ!!

高速道路となるとあとはサービスエリア(以下SA)乗り継いで行くだけよと!!と気合い充分(*‘∀‘)

 

結構おおきなSAで車が高速道路本線へ出ていく前でヒッチハイクをすることに。

30分ほどするが飲み物、食べ物をいただいたりしたのだが車は捕まらない(´;ω;`)

ふと、売店の方を見るとヒッチハイカーを発見( *´艸`)

 

すぐさま声を掛けに行く!!

他のヒッチハイカーなんて見たこともなかったのでとても嬉しかったです( *´艸`)ww

 

僕「こんにちは!!ヒッチハイクしているんですか?」

 

「はい!!僕ら2人で別府温泉をゴールにヒッチハイクしているんです!!」

とさわやか笑顔の2人組。

ヒッチハイク仲間だし、すぐに打ち解けあいました。

「僕の名前が実は、『別府』といいましてだから別府温泉をめざしているんです!」

旅の理由めっちゃ面白くて最高ですwwww

旅の理由って簡単な理由でいいですよね。行きたいから行く!やりたいからする!

『別府くん』が「別府」を目指す!充分素敵な理由です( *´艸`)ww

もう一人が友達の「やっすー」。体が大きくてラグビーをしているそうです!!

なんと2人は18歳Σ(・□・;)

すごいなぁ~~~~。俺も18歳のときからヒッチハイク旅してればよかったですwww

 f:id:JapaneseENJI:20170907013948j:image

 別府くんとやっすーとパシャリ(=゚ω゚)ノ

 

 

2人と別れヒッチハイク再開。

 

するとすぐに1台の車が声を掛けてくれた。どうやら40代くらいのお父さんっぽい人が…

お父さん「○!※□◇#△!」

僕「ん???????????www」

めちゃくちゃ訛っているwww

お父さん「次のSAまで乗っていくかい?」(身振り手振りでたしかこんな感じ)

僕「お願いします!!!」

と乗っていくことに!!

お父さんの名前は勝木さんという方で2人の子どものパパさん( *´艸`)

首からタオルを下げめちゃくちゃ優しかったです(´;ω;`)

車内では訛りであんまり理解できなかったですが(号泣)

勝木さんの話によると九州にはたくさんの方言があるといってました。

たしかに博多弁とかたまらなくいいよねぇ( *´艸`)www

ちょっと勝木さんに方言の真似してみましたが笑われましたw

 f:id:JapaneseENJI:20170907015556j:image

 訛りはすごいけど、なまら優しい勝木さんとパシャリ( *´艸`)

 

 

ジュースまでいただきました(´;ω;`)

夏だったからか、いろんな人から飲み物をいただきました(´;ω;`)

気温に負けず人もめっちゃあったかい九州(*´з`)!!

 

勝木さんと別れてからはトイレに行くところだったクールな男性、タケオさんに災害の影響がひどかった日田まで乗せていっていただきました。

道中は土砂崩れで剥げてしまった山や、氾濫した川など災害の生々しい現場を紹介していただいた。。。

自然の力には人間はとうてい無力なことを改めて思いました。

 f:id:JapaneseENJI:20170907020719j:image

クールだけど人思い たけおさんとカシャリ(^^♪

 

 

 

 日も落ちてきたのと、日田を見たいので高速から一般道に徒歩で向かいました。

野宿する場所を探していると

「いきいきらんど」

 

という地帯?公園?を発見!!

近くにお風呂屋さんもあり絶好の野宿スポットだと思い今日の野宿はそこに決定!!www

 

お風呂に入りに行き、テントを張って後は寝るだけ( *´艸`)

そこで携帯をみると今日出あった、別府君から

今日出あえたお礼と別府温泉到着の連絡がきた!!

到着が、は、はやいwwwwwww

俺は別府の前の日田なのにwww

 でも、別府くんとやっすー本当ににめんこい2人でした(*^◯^*)

 

しかし、そんなことを考えているとお腹に

「ゴウン!!」という雷音のような音が響き急に痛くなりましたwww

 

テントからでて、トイレに向かう途中、

「いきいきらんど」から出てきた僕の表情は全然「いきいき」していなかったと思いますwwww

 

そんなかんやで日田の夜は更けていくのでしたwww(号泣)

 

 

 

~西日本ヒッチハイクの旅~ 其の壱

こんにちは、書くことがどんどん溜まっていく一方。

書くまでの一歩がなかなか踏み出せない男、青木です。

 

さて、これは8月の夏休みに入ってすぐにいった、ヒッチハイクの旅です( *´艸`)

今回はまず飛行機で九州に行ってきました!!!

前回同様!!大きなバックパックにテント、カメラ、衣類、一応寝袋、そして

もちろん、乗せていただいた方々に渡すための北海道名物、白い恋人を持って。

 

約2時間?飛行機に乗ってついたのは福岡空港!!!

いや~暑いι(´Д`υ) まさに灼熱地獄ww

「Hold me tight darling♪ 八月の風を両手で抱きしめたら……もぉ、北海道へ帰りたいwww」

プリプリの世界でいちばん熱い夏を熱唱したくなる温度です。。。 

でも行動しないと帰れない…www

ヒッチハイクできそうな場所を探します。

 

ヒッチハイクできそうなところまで徒歩で歩くこと45分ww

高速前でヒッチハイク開始!!!

 

30分ほどして乗せてくれた大久保さん( *´艸`)

1人の綺麗な女性だったのビックリしました。

基本1人の女性だと乗せてもらえないのに、乗せていただきました!!

大久保さんはワンちゃん(おさじちゃん)を飼っていて犬の幼稚園に預けにいっていたそうです。

 

会話を楽しんでいると

なんと大久保さん、、、

動物とお話しができるそうです!!!!

不思議な力を持った人ってこの世界にはいると信じていましたが、まさかヒッチハイクで出会うとは……

優しい雰囲気をしていておさじちゃんもさぞ幸せだと思いました( *´艸`)

そんな大久保さんには鳥栖というところまで乗っけていっていただきました!!

大久保さん、ブログ更新遅くなってごめんさい(´;ω;`)

おさじちゃんにもよろしくお伝えください('◇')ゞ

f:id:JapaneseENJI:20170905162217j:image

 動物とお話しができる大久保さんとパシャリ!

 

 

 

さて少し歩いてヒッチハイク再開!!

今度は25分ほどして㋨せていただきましたトヨタさんご一行( *´艸`)

お母さんと、娘のひとみさんとののかさんの3人!

なんと、前回もヒッチハイカーを乗せたことがあるらしく、そのときはお母さんの体調がよくなくて、今回はそのリベンジを僕でしてくれたそうです!!!

ありがとう、とよたさん(´;ω;`)!!!

大学生のわかなさんも旅好きで自分がもし男だったら絶対ヒッチハイク、旅をしたいって言ってましたwww

ゲストハウス経営もやってみたいといっていて旅好きを感じられました。

 

高校生の、ののかさんは制服姿のいわゆるJKでした!!

この年で、バイト先以外でJKと話せるとは…

おじさん感激!!!!(号泣)。。。。。。。。。。。。。

……はい。ごめんなさいwwww

でもいいなぁ高校生活(*‘∀‘)

またあの頃にもどりたいです。

f:id:JapaneseENJI:20170905163815j:image

 トヨタさん一家とパシャり(*^◯^*)

 

 まだまだ、出会いがあるので次のお話しに

 続く……

毎年恒例!?卒業旅行 ~当日編~

どうも、友達が指で数えるくらいしかいない男、青木ですww

大学4年の最後の夏休み、高校生の頃、大学生って、友達と夜通し遊んで夏だったら海いってパーリーピーポーみたいなのを思い描いていました。

 

それが、どうしたことだろう?ww

いざ大学に入ってはや4年、年々就職やらで遊べる友達は少なくなっていきました(号泣)

遊んでも家にこもってスマホのゲームwww

当然海にはいきません!(1人のため)!ww

 

どうやら僕のイメージしていた大学生活は神話だったそうですww

そこで後輩大仁田に相談。

ちなみに大仁田も友達は少ないですwww

僕『なぁ、大仁田…パリピに進化したいんだけどパリピの石ってどこにあるの?』

大仁田『パリピの石ってあるんすか!?笑 ピカチュがライチュウに進化するみたいに??笑 あるとなるとすすきのとかですね。笑』

 

どうやら大仁田もパリピの石はもってないそうです笑

まぁどちらかが手に入れると争いには間違いなくなりますね…www

 

だれかパリピの石の場所を教えてくださいwwwww

 

さて、卒業旅行当日編です。

お金のないたろうはさておき、とりあえず札幌駅に集まることになった4人(青木、大仁田、TK、タカ)。

たろうはバイトのため夜合流予定でした。

 

 

一通りあいさつを終えると、、、

TK「青木先輩、今日なにでいくんですか?」

僕「もちろん…毎年恒例これよ!!!!!!!!」

 

f:id:JapaneseENJI:20170905144404j:plain

 

バン!!!!ババン!!!!

ちなみに中野さまは大仁田のことです。(ちなみに中野って名前でもありませんwww)

 

タカ・TK・大仁田

「でたーーーーーーアオ―どうwwww」

タカ「一生みたくなかった文字かよーーーーwwwwww」

 

そう、タカとたろうは去年この「アオ―どう?」に騙されたのだ。

詳しくはボブのブログにて。

ってか「アオ―どう?」ってww

我ながら好きなネーミングセンスです。

もちろん移動はバスでも飛行機でもなく僕の車ですww

まぁ今年は定山渓って行先しってたからショックは少なかったそう( *´艸`)

 

道中ではいろんな爆笑話(特にタカ)が飛び交う中、定山渓に向かいました。

あ、ほぼ下ネタですwww

特にタカはずば抜けた笑いのセンスを持っていて僕らのなかでも一目置かれてる逸材ですwww

 

 

 

夕方頃、たろうも合流してメンバーは5人に!!

定山渓での、お決まりのプール、温泉に入りましたが割愛。

話題は卓球!!!

5人だったので2対2でも1人余る人数。

負けたペアのうち1人が交代するルールに。

まず「大仁田&たろうVSたか&TK」での対戦となった。

結果はたか&TKの圧勝www

その後、僕とタロ、大仁田誰かが交代しても全くタカ&TKに勝てないwww

いや強すぎでしょwwww

いや俺らが弱いのもあるww

 

ちなみに2人は素人ですww

そこでだれが一番強いかを決めることに!!!

そこで優勝したのはTKでしたwww

TKはスピンやらなにやらを使い敵を圧倒してましたwww

どこでそんなの習得してたのよwww

そしてタカは………そうでもなかった(そこまで上手いわけでもないw)

 

タカは単にペアが良かったということで罵りましたwww

ぼくなんて「エアーK」なんて言って跳びながらうってましたねww

そりゃ勝てないわwwww

 

 

そして夜も更けみんなでコンビニへ……

さぁここから本編ですwwww

話題はたろうのお金ない事件について。。。

「いやー昨日、たろうがさ夜に電話してきてなにかと思ったら1円もお金ないんだってーww」

と切り込んだ僕。

 

「はぁぁぁぁあああああああああ!!ふ、、ふざけんなよ????

 

www」

きっちりキレる大仁田。

「し、仕方ないじゃないですかぁぁぁ(´;ω;`)」

とたろう

「お!!!おれは、俺は青木先輩に元々お金あんまりないっ言ってましたよね!!!???」

と今度はすかさず保険に回るTKwww

 

ここでタカ!!!!

「おい、たろう!!!!ダメじゃない!!!!ちゃんとそういうのは連絡とか早めにしないとぉぉぉ、、、、、まぁ、、、

 

俺もないんですけどねwwww」

 

お前もかいwwwwwwwwwwwwwwwww

そう、当日にして5人のうち僕と大仁田を除く3人がお金がない状況なのである(笑)

ってかタカ、昼に普通にマック食ってたよなwww

 

夜、某コンビニにて作戦会議が行われましたww

夜逃げ、皿洗い、体を売る(誰が買うのよww)

 

など議会(コンビニ)にはさまざまな案が出されました。

 

その結果

大仁田が、タカタロにお金を貸す。

僕が、TKの足りない分を出してあげるという決議に至りましたwww

 

本当に頭のおかしいポンコツの後輩が多いと実感しましたww

まぁ先輩(僕ら)がポンコツなんで仕方ないのですが(笑)

 

そんなかんやで部屋では恒例の酔っ払い相撲、TKTKゲーム(New)などをして盛り上がった今年の卒業拉致旅行でした。

f:id:JapaneseENJI:20170905154337j:image

左タカ 中大仁田 右僕

f:id:JapaneseENJI:20170905154347j:image 

 左からタカ、TK、たろ、僕

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年恒例!?卒業旅行 ~前日編~

今回は旅のお話ではなく慰安?旅行のお話です。

 

いまから2年前の3月。。。

僕とボブはある計画を立てていました…

それが!!!

「卒業拉致旅行」

1つ下の後輩、大仁田とTK(初登場)を対象とした旅行である。

彼らは当時高校3年生で卒業と同時に拉致!!

あらかじめ、「スケジュールは開けておくこと」「行先は先輩が決める」をルールに旅行をしていました。

2年前の旅行はこれまたボブのブログにて、、、

卒業旅行。1|ボブがMCやらせていただく!!

 

これに感動?したTKと大仁田、

TK「来年は俺たちが青木先輩達がやってくれたみたいに後輩にやってやろうな、大仁田…」

大仁田「もちろん。俺もそのつもりだよ。」

 

そして1年前の3月!!!

TKと大仁田の1つしたの高校を卒業したてのこれまた初登場、

タカとたろう(以下タカたろ)

実はこいつらめちゃくちゃキャラが濃いwww

 

TKと大仁田主催のタカたろを対象とした

「卒業拉致旅行」が行われた。

この旅は僕とボブも加わり6人での旅行となった。

このお話もできればいつか書きたい。

 

そんなこんなで今年の3月もやることになりました。

「卒業拉致旅行!!!」

3度目となるこの旅行!!

 

ボブは諸事情で不参加、ターゲットはいなく、拉致もしない!!

 

いわばただの「旅行」wwww むしろスケールダウン?ww

ちなみにみんな就職やらいろいろあり、今年で最後の予定(´;ω;`)

 

メンバーは青木、大仁田、TK、タカ、たろ

のボブを除いた5人。。。

行先は近場、定山渓ビューホテル。

 

出発前日、明日旅行だし早く寝ようと思いベッドに横になって数分、僕の携帯にある男から電話がかかってきた。。。

 

たろうだ。。。。

嫌な予感しかしないwww

 

そう、彼は一言で表すと

バカ(笑)なのだ。

俺に言われたくないかもしれないが彼も相当のバカだwww

そんな「俺(バカ)とたろ(バカ)」の電話だ。

 

俺(バカ)「もすもす」

たろ(バカ)「もすもす、、、あ、あおきせんぱい、、、」

俺(バカ)「おう、たろう、なした??」

たろ(大バカ)「あしたの旅行、お金2円しかないんですけど…。」

俺(バカ)「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!?!?!?!?おま、、、お前www前日にそれ言うかwwwてか2円ww」

 

たろ(バカ)「すみません。どうしましょ~~~??」

 

キャンセルはもう遅い。

こんな重大なことにも関わらず僕の心はなぜかこのことを予想していたかのように笑えてくるwww

 

俺(バカ)「とりあえずこい。定山渓まではヒッチハイクでもしてこい」

たろ(バカ)「わ、わかりました~~~~」

 

 

 そこで電話は終わり一人で考えた。

実はTKは旅行が決まった1,2カ月ほど前から「俺、金ないんで」

と連絡を受けていた。

当時は「みんなでお金を出しあってTKの分もなんとかしよう」と思っていた僕www

負担が2人分に。

 「食い逃げ」ならぬ「泊まり逃げ」をするかもしれないwww

 

大きなる不安を抱えて睡眠。

 

~当日編~に続く。。。。

 

 

~東北ヒッチハイクの旅~ 7日目

こんばんは。

昨日、麻雀で700円ほど負けて後輩にごねてる男の青木ですww

昨日ボブと後輩2人と僕の4人で麻雀をしました。

僕とボブはネット麻雀「天極牌」というゲームを寝ずにやるほどの

自称「雀士」ww

やる前は後輩2人に

「いいの~?俺らとやって…君らとは超えてきた修羅場(ネット内)がちがうからね~」と見事に煽り?フラグ?はいっちょ前でしたが、ぼろくそにやられましたww

僕なんて最後には、「焼き鳥(一回も上がれない人のこと)先輩おつかれさまでした!!」

なんて言われてしまいましたww

だれが「焼き鳥先輩」だ!!!!!!

見てろ。。。お前ら。。。。

絶対、、、もうお前らとは………

お金かけて麻雀しないからな(負けるから)!!!!!!!!!www

 

 

さて7日目です。

この日は昔僕は宮城県に住んでいたので当時の宮城県の友達と遊びました。

懐かしの松島で笹かまやら、牡蠣の食べ放題にいってきました。

牡蠣の食べ放題なんて僕、軽く30個くらい食べてたんじゃないかな。

まぁ、お腹壊したけどww

 

日本酒を飲んだり美味しいものを食べながら、小学生のときの話をして盛り上がった時間は今までのテントをはって飯を食う時間とはかけ離れた旅のおしまいにふさわしいリッチな時間でした。

そして友人と別れ、港へ向かい北海道へ帰るフェリーに乗りました。

 

フェリーでは久々のベッドが僕を待っていました。

ベッドはとても暖かくふかふかで寝るために特化してることを改めて実感しましたww

旅にでて当たり前の生活ってとてもすばらしいことに気が付きました。

屋根がある家でベッドで寝れること。ご飯が出てくること。洗濯をしてくれること。

うん……

母ちゃんありがとうww

 

それを感じれただけでも旅に出たかいはありました。

 

そして今回「人の暖かさに触れる旅をする」というテーマがありましたが

人はやっぱり暖かいということが実感できました。

今回の旅で出会った人、助けてくれた人、応援してくれた人、襲ってきた水鳥。。。

みんな暖かい人でした!!!(鳥を除く)

そんなことを考えていると眠りの中へ。。。

 

「北海道、苫小牧港へ到着しました」

というアナウンスと同時に起床した次の日。

準備を済ませフェリーを降りて「札幌」と書かれたスケッチブックを持って最後にヒッチハイクをしたのは母ちゃんでした。

 

 

以上!!!!

「東北ヒッチハイクの旅」でした~~~~~~。

f:id:JapaneseENJI:20170821005333j:plain

 

 

 

 

 

~東北ヒッチハイクの旅~ 6日目

どうも。最近ブログ書くのをサボってました青木です。

こういうのどうしても三日坊主になっちゃうんだよねwww

月一更新だった(今はほぼ閉鎖状態)ボブの気持ちがやっとわかりましたww

そんな三日坊主だった俺も更新する気になったのはまた新しい旅が始まるからである!

旅に出る前に

2月(いまから半年前)!!!

に行った

東北ヒッチハイクくらいは完成しようと思いまして……w

 

 

さて、6日目です。

 

畑でなにかを焼いている匂いで目覚めた僕はトイレ(約500m先にあるコンビニ)に行こうと思いテントのジッパーを開けると

あら、ビックリ。目の前には警察がいました。

「なんだ夢か。。。」

ジッパーを閉めて再び眠ろうとすると今度はジッパーが開きました。

「就寝中申し訳ないんだけどなにしてるの?」と声が聞こえたので

「寝てます。正確には二度寝しようとしてます。」と仰向けの僕。

「それは見ればわかるんだけど…」と謎の声

もしかして職質??まさか警察がいるわけないだろう

 

と思った僕はむくりと体を起こすとそこには

警察がいましたwww

「お、お!!!おはようございます!!!」と起きた僕。

「身分証あるかな?」と冷静な。

身分証を見して朝起きたてで回らない頭を使い一通り説明が終わりパトカーまではヒッチハイクはしてないことを伝える。

「なにいってるんだよwたまたまこんなところ(田舎)にテントが張ってあったから、なんだろうと思って。旅してるのか!頑張ってね!」と応援していただいた。

 

そのあとは懐かしい仙台の街を自転車を借りて回ることにした。

f:id:JapaneseENJI:20170821005038j:plain

 

自転車は電動アシスト付きでスイスイ進んでくれた。

仙台の街のいたるところを回りフル充電だったバッテリーが空になるまでだったので移動距離はそうとうなものだった。

しかし、、、アシスト機能をしない電動チャリほどペダルが思い自転車はないねw

 

特にネタとしては、おもしろいこともなく自分の育った懐かしい場所を懐かしみながらいったのでこの話は割愛ww

 

そんなこんなで6日目はあっというまに過ぎていくのでした。。。

 

 

ん?前と比べて短い?仕方ないだろう( ;∀;)!!!!

 

毎回、話のネタがあるなんて限らないしよおおおおお(涙)

では、もしかしたらこれより短いかもしれない7日目に続きます。

ではではww

 

 

~東北ヒッチハイクの旅~ 5日目

つい最近、ボブと大仁田と出かけた時の車内にて、、、

僕「いや~旅楽しかったよなぁ!!あの熱海の帰りの海辺のサザンは忘れられねえぜ!」

大仁田「いや~ほんと最高でしたよね!!あの夜のパン食べ放題といいね!」

ボブ「いや~またあのみなとみらいのパスタ屋いきたいね!」

僕「それな!!でもみなとみらにしかないからなぁ~。。。」

大仁田「鎌倉パスタでしたっけ?札幌のイオンに入ってますよ?」

僕・ボブ「え???絶対ない!!!だって名前がもう、鎌倉だもん!!」

大仁田「いやいや、あるってwww いく?」

僕・ボブ「行かん!!!ってかない!!!あれはみなとみらい限定のお店じゃ!!!」

僕とボブの中では鎌倉パスタはみなとみらいにしかありませんwww

ご当地のお店かと思いきや、全国チェーン店でショックだったお話しでしたww

ってか大仁田気づいてたなら言えよなwwなみなとみらいでwwww

 

前置きはさておき、5日目です。

 

「ガァー………ァァーーーー……」

夢の中、かすかに聞こえる人ではない何かの鳴き声。

ゴンッッ!!!

軽くなにかで頭を殴られたかのような感覚があり目が覚めました。

「寒っっっ!!!!!!!」

朝露でテント内が結露していて寒さに気がつきました。

「ガァァァァァァーーーー!ゴオオオォォォォォ!!」

 

テントのすぐ近くで夢の中できこえた声が鮮明に聞こえました。

声や寒さや露やらで、

朝一からすごい情報量wwww

一瞬「夢かな?」と思ったけど頭の痛さと体の寒さで現実だと把握しましたww

そして何やらテントの外から何者かが突いていました……

1匹?2匹?いや、3匹のシルエットが見えました。

「首が長く短足……。と、…鳥や。。。。www」

おそるおそるテントのチャックを開けると視界に入る1羽の鳥www

その距離1メートル。

鳥とはわかってていたものの「うわぁーー!!」と声をあげ体を後ろに引きましたw

その瞬間、鳥はテントの入り口付近にある僕の非常食(カロリーメイト チョコレート味)を奪いました。。。

「ああーーー!!!!返せ!俺のカロリーメイトチョコレート味!!」

鳥相手につい声がでましたwww

闘わなければ・・・やられる(鳥に)wwww

バックパックを力強く握ると覚悟を決めましたww

しかし相手は目視できるだけでも3羽はいた。。。圧倒的な数の差。。。

しかしこっちは人間じゃ!!!と思い、体と握っていたバックパックごと飛び出す。

「キええぇぇぇぇぇーーーーー!!!」

奇声を発しながらバックパックを振り回しましたwwww

これには逃げる3羽の鳥たち。。。。

そして地面に広がっていたカロリーメイト(チョコレート味)のカスwww

鳥たちが飛び立っていったのをみて思わずガッツポーズwww

携帯を見てみると朝の6時半。。。

なんか自分の中にある野生の防衛本能みたいのを感じた朝でしたwww

f:id:JapaneseENJI:20170225022055j:plain

実は水鳥が放し飼いされていた公園。ちゃんと注意書きもありましたwww

 

 

水鳥たちとの死闘が終わると、

忘れていた寒さを感じとりあえずテントをしまい、昨夜に行った温泉へ。

朝6時から営業だったので助かりましたwww

 

とりあえず暖かい空間で小一時間仮眠するつもりだったのですが、

目を覚ますと時刻は午前10時!!!

ヒッチハイクは時間も大切だと思っていたのであわてて支度へ。

朝風呂に入りスケッチブックに「福島方面」と書きました。

よし!! と気合いを入れるとお世話になったお風呂、

近くにあるテントを張った水鳥公園を後にしました。

 

 

歩くこと約30分、

国道沿いのインターチェンジ前でヒッチハイクをすることにしました。

「福島方面」と書かれたスケッチブックを掲げ赤信号でとまっている車に

「乗せてください」と言わんばかりの目線を送る。。。

なかなか止まってもらえず三十分が経ったとき、、、

一台の車が遠くで見えました。

白と赤のあきらかにスーパーカーでした。

例えるなら「ヤッターマン」が乗っているような車でした。

「うわあ!!カッコいいな!!」と思っていたら矢先、

僕の目の前でスーパーカーが停車しましたwww

 

「どこまで行きたいの???」と顔を窓から出す男性。

「いや~福島方面まで行きたいんですよ~」と僕。

「いいよ!!連れていくよ!!」と男性。

「ありがとうございます!!よろしくお願いします!」とお礼を言い、丁寧に乗車w

 

乗せていただいたのはゴルフ場経営者兼社長の石川さん。

ゴルフ場経営者さん、、、どうりでスーパーカーに乗っているわけだと思いましたw

 

出合った日はたまたま休日だったそうです。

石川さんは時間だけを決めて、当てもないドライブをすることが趣味だそうで、

普通ヒッチハイクは、どこかへ行くついでに乗せてもらうのに、

石川さんは僕の目的地のためだけに、連れていっていただきましたwww

なので最初は「福島」と言っていたのですが、宮城県まで連れていってもらうことになりましたww

ほんと、なんて感謝すればよいのか……(´;ω;`)

とりあえず、神様のようなお方ですww

 

そんなマリオがスターをとった時のような気分で乗っていると

 

やっぱり、スーパーカーだけあって速い速いwww

 

石川さん「青木君は、ゼロヨンって知ってる?僕はね、若いときゼロヨンというのをしていたんだよ。」

僕「聞いたことあります!そうなんですか!!あれ何キロくらいではしるんですか?ww」

うちの母ちゃんから聞いたこともあって僕もゼロヨンとはとりあえず直線を車で全速力で駆け抜け、競い合う競技なのだとすごいアバウトにか知っていました。

石川さん「ん~、最速で250キロいかないくらいかな~~!!だからこういう高速道路とかすごいゆっくりで安全運転に感じるんだよね!はっはっはww」

笑っている石川さんの車のスピードメーターは140キロを指していましたww

140キロが安全運転に感じる...

普段40キロくらいしかださないチキンの僕には石川さんは手の届かない存在でしたww

そして車好きの石川さんの車では音楽は一切ありません!!

「風とエンジン音を楽しむんだよ」と優しく教えていただきましたww

ほんとに車が大好きなんだろうな。。。

その他にも会社のこと、社長ならではのお話を聞かせていただきました。

社員のことなどを聞いていると、とても寛大な心の持ち主だと感じました。

 

 

途中、サービスエリアで石川さんにお昼をごちそうになりついたのは午後3時ころ!

福島をすっとばして一気に宮城県へやってきました!!

f:id:JapaneseENJI:20170226005915j:plain

オーラからしてかっこいい社長「石川」さんとカシャリ!

 

この写真をとってもらった方に石川さんが

「彼、青木君は旅をしているんですよ。すごいんです。」

と紹介してもらい「そうなんですか!すこし話きかせてください!」とカメラをしてくれた男性。

出会いが出会いを呼び素敵に感じました。。。

 

 

石川さんとカメラの男性と別れると少し歩くことに。

日も暮れてきたので野宿スポットを探していると、以前ボブと車中泊をしたことのあるところを発見!!

そこにテントを張り、今夜はそこで寝ることに。。。

 

 

6日目!!!懐かしの宮城県をチャリで移動!!